最新記事

飲食店開業までのスケジュール設定のポイントとは?

飲食店を開業するには、しなくてはいけないことが山ほどあります。

飲食店を開業するまでにどのようなステップを踏むのか、どのようなスケジュールを

組んだらいいのか、いざ聞かれると意外と分かってない部分が多いと気づかされる

のではないでしょうか。実際にオープンまでどのようなスケジュールなのか

確認していきましょう。

飲食店開業スケジュールに関するお問い合わせはこちら

【飲食店開業までのスケジュール・流れ】

飲食店の開業までの準備期間は、店舗によってそれぞれで一概に言えませんが、 4~6ヶ月をみておくとよいでしょう。今回はそのスケジュールの流れを大きく 7つに分けて考えてみましょう。まずはじめはコンセプトからです。

1、コンセプト設定 コンセプトはお店の方向性を決めるものです。コンセプトはお店を開店した後に 変更できるものではありません。 コンセプトが変わればターゲットとなる顧客の年齢層やお店の内装なども変わって くるためです。しっかりと納得いくまで妥協せせずに考え抜きましょう。

2、物件の選定 物件はコンセプトやターゲットに見合った物件を選びましょう。周辺にある競合他社や 見込める客数などにも配慮して探すとよいでしょう。

3、収支計画の作成 飲食店の開業に必要な資金に関する項目は大きく分けて4つです ①投資計画=いくら借りるか

②売上計画=どれくらい売れるか

③損益計画=どれくらい儲かるか

④返済計画=借りたお金をいつまでに返済するか

客観的に計画を立て、常に計画を練り直すこと、この2点が収支計画において 非常に重要になってきます。

4、資金調達 飲食店の開業する際は、主に自己資金と借入をする場合が多いです。公庫から融資を おこなう際は、開業者の人柄や動機といったパーソナルな部分だけでなく、当然 「貸したお金を返してもらえるか」が重要です。 公庫の担当者も数多く計画書をみてきていますので、そういったプロを納得させられる 計画書を作りましょう。

5、設計・施工 設計・施工の業者を見つける際に気を付けたいことは自分の知り合いだけを頼りに 業者を選定しないことです。 知り合いに紹介してもらった業者ですと、デザインのイメージが違っていても自分の 意見を言いづらくなってしまったり、他の業者を入れて相見積をもとりづらくなる 場合がほとんどです。そのため、webサイトなどを利用して幅広く業者選定すると 良いでしょう。

6、食材・備品等の選定 飲食店の開業はやはり食材が非常に重要です。最近では「生産者」「生産地」「育成方法」 などによって他店と差別化することも重要になっています。 また、備品も店舗の雰囲気を構成する一つなので顧客のイメージや満足度を決定する要因 になるため重要であるといえます。

7、届け出 手続き・届け出行ってみると予想よりも時間がかかってしまうものです。 また、役所の対応も決して迅速とはいえないでしょう。 そのため、スケジュールに時間的余裕をもって行うことをオススメします。

飲食店開業スケジュールに関するお問い合わせはこちら

#独立開業 #開業準備 #カフェ開業 #ラーメン開業 #居酒屋開業

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の

サービス

​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved