最新記事

【必見!】あとで後悔しないために物件の設備で確認しておくべき内容とは?[設備チェックリスト付]

まずは煙・臭い・音の問題が回避できているかどうかを確認しましょう!

開業後の近隣とのトラブルの大半は、煙・臭い・音の問題がほとんです。

ですから排気をどこに出すかを事前に確認しておけば、トラブルも回避できます。

特に都市部の密集地では排気ダクトを屋上まで上げる必要があるかという確認と

その工事コストを見込んでおく必要があります。

⇒「自分ででもできる!」”物件設備チェックリスト”を受け取る【無料】

●電気容量が足りなくて店ができない可能性がある

電気容量は物件契約前に必ず工事業者等に依頼して確認していきたい項目です。

電気容量は建物ごとに使用できる容量に制限があるため、

快適な空調環境を作りたくても容量不足でできないことがあります。

夏場にエアコンの効きがよくない店などはこの例であることは珍しくありません。

エアコンの室外機設置場所も確認が必要です。

風や音や振動など周辺環境に影響があるものですので事前に確認しましょう。

またガスメーターの大きさやガス管サイズも確認が必要ですが、 詳しくはこちらでご案内しておりますのご参考ください。

水漏れの確認も重要です。水漏れは排水管からなのか、

それ以外の場所なのか原因を特定しづらいので、手間や費用がかかります。

特に、階下に店がある場合、水漏れが大ごとですので、

事前にチェックしておく必要があります。

設備の確認は素人ではわからないことが多いので、

開業の専門家に意見を聞いて参考にしてもよいかと思います。

⇒「自分ででもできる!」”物件設備チェックリスト”受け取る【無料】

⇒物件設備、その他開業のご相談はこちら【無料】

※まず物件設備をセルフチェックしていただいたら

チェックしていただいた内容をもとに「物件設備診断」

弊社でさせていただきますのでお気軽にお申し付けください。

#物件物件の探し方 #居抜き #中古厨房機器 #飲食店開業

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の

サービス

​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved