​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved

Please reload

最新記事

厨房機器を中古で購入するポイントとは?

10/08/2015

新品の厨房機器だと予算上、購入できないような機器であっても、
中古の厨房機器だと予算内に収めることができたりします。

今回は中古で厨房機器を購入するときに注意すべきことをご紹介します。

 

「本当にそれが新品で購入するよりお得なのか」を見極めることが、
あとで後悔するかどうかの分かれ道です。少なくとも下記の3点は
必ずチェックするようにしましょう!

 

厨房機器に関するお問い合わせはこちら

 

【中古品購入時のポイント】

 

1、搬入・設置の費用

「これは安い!!」と思った中古品の多くは、単純にモノの値段だけで別途配送料が
かかったり搬入費が含まれていない場合がよくあります。このような搬入費が含まれて
いない場合は軒先渡しといって、お店の前にそのまま置いていかれてしまうという
ことです。

このようなケースで搬入日を別に支払うと結局新品で揃えるより高くなってしまうこと
もしばしば起きます。またメーカーがバラバラだと機器の高さなどもバラバラになる
ため、厨房全体の統一感がなくなります。

 

2、保証・アフターサービス

新品の場合メーカー保証が通常1年ほどつきますが、中古の場合は3ヶ月が一般的であり
、型式が古いときは全く付いていないものもあります。

また厨房機器は当然ですが使えば使うほど故障しやすくなります。そういった故障に
かぎってお店が忙しいときに突然起きるものです。そのような急な故障時にどのような
対応をしてもえるのかも大事な判断要素になるでしょう。

 

もし全くアフターサービスがない場合は、お客様にご迷惑かけないためにも、すぐに
故障を修理してもらえる業者をおさえておきましょう。また修理サービスがついていた
場合でも、修理期間に代替品を用意してもえるかも重要なポイントです。

 

3、以前のオーナーの使い方

一般にリースの契約期間が6年ということからもわかる通り、6年以上経っているものは

よほど気に入ったものでない限り購入を控えた方がよいでしょう。

年式が6年以内であることを確認したら、次に部品が欠けていないかを確認してください。

 

 

 

【中古品は初期投資を抑えるための手段】

中古の厨房機器を活用するのはあくまでもお店を開業するにあたって初期投資を抑える
ための手段であると割り切り、ある程度売上が安定してきたら、浮かせた予算で足りない
部分を投資していくと考えるのもひとつの手です。

とくにネットで中古品を購入する際はモノそのものの金額に引っ張られがちなため、安い
金額だけで判断せず、保証や設置を含めた総合的な判断をするようにしましょう!

 

トップページへ戻る

Please reload

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の