​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved

Please reload

最新記事

ラーメンビジネスの現状とは?

11/06/2015

河端一志

街中には数多くのラーメン店があり、今日もどこかで新たな店が開店していることで

しょう。
ラーメン業界はラーメンブームで大きく変化しました。作るラーメンも、それを食べる

お客様も10年前とは全くでしょう。
ラーメン業界の現状をまとめました。

 

【ラーメンビジネスはあたればビッグビジネス?】

いわゆるラーメンブームが起きるまではラーメン屋は原価率も低い回転率も高いという

非常に割のいいビジネスでした。

今人気のラーメン屋はどうでしょうか。売上という点から見てみると他の飲食店に比べて

大きく跳ねる可能性を秘めています。それはお客様が15分で食事を終えてお店を出ていく

ため、繁盛しているお店であれば一日に40~50回転さえもすることができるからです。

 

しかし、街中にはこだわったラーメン屋で溢れ、その質が益々高くなっているだけでなく、
差別化も難しくなっています。スープ、麺。トッピング、雰囲気など差別化のポイントは
多くあるように見えますが、実際に大きく成功できるのはやはり一握りです。

成功すれば月商1000万円も夢ではないラーメン屋ですが、競合を出し抜いて有名店になる
にはそう簡単ではありません。

 

 

【消費者の舌が肥えてきた】

ラーメンブームのおかげもあってか、ラーメン好きな消費者の舌は非常に肥えており、

一人ひとりがしっかりとラーメンに対して好き嫌いを持つようになってきています。

何よりもこだわるべきなのはスープです。とんこつ、醤油、魚介、塩、味噌など簡単に
分類はできますが、他にもたくさんの材料を使用してその店ならではのオリジナルの

スープを気に入ってもらわなければなりません。

自分が研究を重ね、こだわりにぬいたラーメンが受け入れられるかは、一種の賭けかも
しれません。

 

 

【おわりに】

ラーメン屋は当たればビッグビジネスではありますが、オリジナルのラーメンを開発し、
競合といかに差別化を図るかはそう簡単ではありません。

ラーメン屋が大好き過ぎて勝負したい!というのであれば思い切って挑戦してみましょう。

 

 

トップページへ戻る

Please reload

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の