最新記事

「べんり店」と「わざわざ店」の立地条件の違いとは?

お店を開業する際、「べんり店」か「わざわざ店」かが、

出店場所を決める時の判断基準となります。

では、「べんり店」、「わざわざ店」とはどういうものなのでしょうか?

*立地に関するご相談、お問合せはこちら

小売店で言うところの「最寄り店」と「買い回り店」の関係に似てます。

「最寄り店」の典型がコンビニです。毎日帰りがけに寄ってしまう。必要最低限の ものが揃っているお店です。

「買い回り店」の典型がブランド品など置いてあるショップです。自分がほしいもの 気に入ったものを探して買いまわるお店です。

飲食店で当てはめると、会社帰りなどに「何か食べたい」と思う人たちに、 便利な場所にあるお店が「最寄り店」です。

自分が開業するお店が、

「べんり店」なのか、

それとも小売業で言う

「買い回り店」のように、

わざわざ「あそこのラーメンがどうしても食べたい」

「あの喫茶店でマスターが入れた焙煎珈琲が飲みたい」という

「わざわざ」来る人のための店をつくたいのかによって、

立地選びの基準が違ってきます。

*立地に関するご相談、お問合せはこちら

#立地 #居抜き #商圏