最新記事

ラーメン店開業に必要な厨房機器のポイントとは?

ラーメン店を開業するにあたり確認しておきたいのは厨房機器は何が必要なのか、という ことが1つあります。機器を揃えるにあたって、必要な機器をうっかり見落としてしまい 直前で買い揃えるなんてことは避けたいですよね? 今回はラーメン店開業に必要な機器についてご紹介します

*厨房機器選定ポイントのお問合せはこちら

【これだけは抑えたい!必要な厨房機器】

店舗・厨房などの施設が一定の基準に達しないと開業できないのはご存知でしょうか? そのとき、厨房機器にも基準があります。あとに基準に達しないなどということに ならないように、機器は厳選しましょう。

必ず必要な機器

・洗浄設備 ・製氷機 ・スープレンジ(ローレンジ) ・麺ゆで釜、またはゆで麺機 ・ガスコンロ(ガステーブル) ・冷凍冷蔵庫 ・炊飯ジャー ・作業台

の以上8つがラーメン店には必ず必要な機器となっています。 それぞれの機器のポイントをご紹介します。

洗浄設備 食材や食器を洗うのに必要となる洗浄設備は、営業許可基準では2槽以上と定められて いることが多いです。もし、食器洗浄機を使用することができれば1槽でも大丈夫なこと があるので保健所に確認してみてください。

製氷機 お客様に出すお冷に用いる製氷機は、特に夏の時期に冷たいラーメンを提供することに なると多用することになります。お店の規模に合わせて一度にどのくらいの氷がつくれる ものがよいのか検討してみましょう。

スープレンジ(ローレンジ) ラーメン特有の寸胴鍋をのせてスープを取るために用いるコンロのことで、特徴としては 火口が低い位置にあります。ストック用も含めると最低でも2口は必要といえます。 これもお店の規模に合わせて何口のものを買うのか、検討してみてください。

麺ゆで釜、またはゆで麺機 ラーメンの麺をゆでるのに重要なことは、麺を入れた後に温度が低下しないように 一気にゆであげることです。初期投資は高くなったとしても、熱効率の良いものを選べば 結果としてコストが削減できるのでここは妥協せずに良いものを買いましょう。

ガスコンロ(ガステーブル) サイドメニューに何を出すのかによって口数は変わります。チャーハンなどを提供する ことを考えている場合は、火力なども考慮しましょう。

冷凍冷蔵庫 スープをとるための野菜、鶏ガラ、とんこつやトッピングに使う食材などを入れるため にも必要といえます。保健所からは冷蔵庫内に、温度計を設置することが義務づけられて います。

炊飯ジャー チャーハンをはじめ、ご飯を使用したメニューの提供を考えている場合は必須になります。 ご飯は炊くのに時間がかかるため、保温ジャーも必ず用意しましょう。そうすることで スピード感が求められるラーメン屋でお客様を待たせることはないでしょう。

作業台 台の下に収納スペースや冷蔵庫があるものなど形や機能は様々あります。 スペースは有効活用しましょう。

使用する台の高さの目安はだいたい「身長÷2+5センチ」となります。

メニューによって必要な機器 ・餃子焼き器 ・コールドショーケース ・製麺機 ・冷水機 の以上4つがラーメン店において、メニューによって必要な厨房機器となります。

餃子焼き器 ものによってほぼ自動で焼いてくれるものもありますが、油と水を使用するため非常に 傷みやすい機器となっています。中古などを使用する場合などは前もって確認を入念に して購入するようにしましょう。

コールドショーケース 中身がみえる、飲料を入れるショーケースのことです。客席からみえる位置に設置する ことで、視覚的に影響を与えドリンクの購買意欲を高める効果があります。