最新記事

厨房機器をレンタル、リースってなに?

これから新しく飲食店を開業されるという方、リース契約をご存知でしょうか?

レンタルとの違いが分かりにくかったり、契約方法がややこしいイメージのある

リース契約ですが、上手く活用して厨房機器を揃えると初期投資を大幅に節約することが

できます。今回はレンタル契約とリース契約の違いとその契約方法をご紹介します。

​​​

【リース契約とは】

リース契約とは必要とする設備をリース会社が代わりに購入して、一定期間貸してくれる

という契約です。月額の支払い金額を払うことで、初期に厨房機器の購入代金を調達する

必要がなくなります。

また新品・中古に関わらず、厨房機器を買い取ってしまうと固定資産となるため固定資産税

を支払わなければなりませんが、リースの場合は毎月の経費として落とせるのが最大の

メリットです。

【リースとレンタルの違い】

途中解約ができない

よく厨房機器のレンタルと勘違いされがちなリースですが、返却さえすればいつでも解約

できるレンタル契約とは異なり、リースの場合は契約した厨房機器を契約期間の途中で

解約することはできません。止むを得ず解約をする場合は残額の一括払いが必要です。

所有権はリース会社にある

レンタルの場合はレンタルDVDのように、商品に不備がない限りは同じ商品を違う人が

何度も借りることができます。しかしリースの場合は基本的にリース会社が新品を購入して

それを貸し出すため、契約で定められた期間は借り続ける必要がありローンで支払っている

のと近い状態になります。ではリース期間が終了したら自分のものになるのかと言えば

そうでなく、その機器の所有権はリース会社にあります。

そのためメリットとデメリットを比較したうえで、それぞれの人にあう形で契約する

必要があると言えるでしょう。

【リースは費用の削減VSリスクを考えよう!】

よく厨房機器のレンタルサービスと勘違いされやすいリース契約ですが、その違いについて

把握できたでしょうか。

リース契約は初期投資の削減や固定資産税の削減といった費用の削減が非常に魅力的な一方

で、新品で購入するよりは高くなってしまうこと、また途中解約はできないなどの欠点も

あります。

厨房機器は非常に高い買い物なので、新品・中古・リースの場合と個人の資金環境に合わせ

て選ぶことが大切です。