Please reload

最新記事

これだけは押さえたい!開業時に必要な厨房機器5つとは?

10/05/2015

飲食店の開業にあたり、物件取得や内装工事の次にお金がかかるのが業務用厨房機器です。
家庭用とは異なり、業務用の厨房機器は新品ですと、高額なものがほとんどです。
もちろん必要な厨房機器は業種や業態により異なりますが、基本的に揃えなければならない
ものはほぼ同じです

 

また飲食店の営業許可を取得するためには、自治体によって定められている最低限の設備
を満たしていなければならないため、必ず開業前には自治体へ基準をかくにんするように
しましょう。ここでは一般的に飲食店を開業する際に必要な業務用厨房機器を5つご紹介
します!

 

開業の相談に関してはこちらから

【飲食店の開業に必要な厨房機器5つ】

 

1、洗浄設備

食材や食器を洗う設備です。営業の許可基準では2槽以上と定められていることが多い

ですが、食器洗浄機を使用すれば1槽でよいとする場合もあります。

 

2、作業台(コールドテーブル)

作業台は一般的に「身長÷2+5cm」が理想だとされていますが、作るメニューや

どんな作業を行うかによって必要な大きさは異なるため、一番使いやすいものを

選びましょう

 

またコールドテーブルとは作業台の下が冷凍庫または冷蔵庫になっているもので、

小さな飲食店にとって必須といえます。その日に使う食材はコールドテーブルに、

ストック用は冷凍冷蔵庫に、などスペースの有効活用や作業効率を考えても揃えて

おいて損はないものです。

 

3、冷凍冷蔵庫

冷凍庫・冷蔵庫はお店にストックしておく食材を全て収納できなくてはなりません。
そのため選ぶ上で一番大切なのは「必要なものを入れるのに十分な大きさか」という

ことです。

また冷蔵庫内には温度計の設置が定められているため、こちらも忘れないようにしましょう

 

4、食器棚

無くてもいいのでは?と思われがちな食器棚ですが、「壁付きのものを必ず1台以上」

というのが保健所で定められているため購入しなければなりません。

とはいえお客様から見えないことが多く、老朽化や故障もしにくいため食器棚は

中古品でも充分に使えます。

 

5、製氷機

飲み物の提供には必須であるにもかかわらず、意外と高いのがこの製氷機です。

また夏場と冬場では氷の使用料が異なるため、夏場の使用料に合わせて容量の大きいものを選ぶようにしましょう。

 

 

【定価と販売価格の違いに注意】
全ての業務用厨房機器がそうではありませんが、定価と実際に販売される価格との間に

大きな開があることがほとんどです。

高すぎる!と思っても販売価格はその半額以下だったりすることも多々あります。

こうした業務用厨房機器の販売価格の相場観を掴むには実際の売り場を見てみるのが

一番です。

「この業務用厨房機器は高いのか安いのか」という判断ができるようになりましょう!

 

 

トップページへ戻る

Please reload

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の

​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved