​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved

Please reload

最新記事

飲食店開業にあたりまず準備することとは?

10/04/2015

飲食店を開業したいと考えている人は年々増えています。ただし、ほとんどの人が

飲食店開業のためにどのような準備が必要なのかがわからない人が多いというのが

現状です。そこで今回はそんな開業の準備に関する内容を確認していきましょう

 

開業準備に関するお問い合わせはこちらから

 

【飲食店開業の際にまず準備すること】
飲食店開業にあたり、どのような準備が必要なのかをコンセプトや設計・施工などの
外すことはできない5つのポイントに分けてみていきたいと思います。


1、コンセプト
まずはじめに「どのようなお店にしたいのか」というコンセプトを決めましょう。
コンセプトが決まれば自ずとお客様のターゲットや性別などもみえてきます。

顧客のイメージを具体的に明確にしていくことによってお店の方向性も自然と

決まってくるものです。

 

2、市場調査・物件探し
顧客のイメージが出来てきたら次に市場調査を行います。

出店したエリアの最寄駅の乗降者数や周辺の競合店舗などの調査を行います。

そうした客観的な判断に基づいて、自分のコンセプトがビジネスとして成り立つか

どうかを検討します。物件に関しては、場所だけではなく、広さ給排水などの設備なども

考慮しながら探すとよいでしょう

 

3、設計・施工
飲食店にとって内装などの雰囲気はお客様に大きな影響を与えます。

開業するお店のイメージが出来上がったら、内装のデザインやレイアウトなどを具体的に

検討し、デザインする方に内装や什器のイメージをできる限り具体的に伝えましょう。

内装やレイアウトは簡単に変更できませんので、オシャレなだけでなく、スタッフにとって働きやすい動線になっているかなどにも注意しましょう。

 

4、商品・仕入れ
飲食店にとって一番重要なのは、メニューです。目玉となる看板商品や利益商品などは
具体的な方向性を決定し、それをもとに収支計画などの資金計画を立てると良いでしょう。
また、食材の仕入れに関しては無理に一つの業者に絞る必要はありません。各業者によって
得意な食材が異なりますので、食材によって業者を変えてみることも検討してみると
よいでしょう。

 

5、届出
飲食店を開業する場合は、保健所の「飲食店営業許可」が必要です。
また、「食品衛生責任者」を配置することが食品衛生法により義務付けられています。
さらに個人で開業する場合は「開業届」など事業開始月から1ヵ月以内に税務署へ提出する
必要があります

 

【まとめ】
飲食店の準備に関する大まかな流れは上記の通りです。お店のコンセプトなど、「ウリ」
「こだわり」も大切ですが、市場調査のような下準備や届出のような法的な側面も飲食店
の開業に必要になってきます。

 

 

トップページへ戻る

 

 

Please reload

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の