​HOME

​サービスメニュー

​その他

 無料相談

© 2017 by E-テンポバンク.All Right Reserved

Please reload

最新記事

いざ決心した独立開業の中、なぜ失敗することがあるのか?

10/04/2015

いざ独立して開業したとしても、誰しもうまくいくとは限りません。創業から10年以内に

その9割が廃業してしまうというデータさえあり、独立したときの意気込みとは裏腹に

その大半が自らが始めたビジネスをたたまなくはならない事実があります。

では、なぜそんなにも多くの人が独立開業に失敗してしまうのでしょうか。

 

 

【なぜ多くの独立開業者が失敗してしまうのか?】
失敗の原因は人それぞれです。最初からうまくいかない場合もあれば、

最初はうまくいっても経営が続かなくなってしまうこともあります。

では具体的な失敗要因はどのようなものがあるのでしょうか?

 

【経営における失敗】


*ツメが甘い事業計画
創業から1年以内に多くの独立開業者が廃業に追い込まれる現状の中、その原因の多くが
「ツメが甘い事業計画」にあるのかもしれません。売上が上がらない、集客がうまく

いかないなど、創業当初の計画通りうまくいかずに、事業を継続できなくなってしまうと

いうものです。

 

*無理な事業拡大
一時的に事業が軌道に乗ったものの、次の段階に行く際に判断ミスから事業が傾いてしまう

というパターンです。

短期間のうちに事業規模が大きくなったもののビジネスの成長についてこれず、うまく

回すことができなくなってしまうパターンです

 

【人材における失敗】
*採用がうまくいかない
どんなビジネスにおいても共に事業を進めてくれる仲間の存在は必要不可欠です。

タイミングよく優秀な人材確保ができなければ、たとえビジネスモデルが優れていても

何も生まれません。

 

*人材の適材適所
人には向き不向きというものがあり、それを見極めて人の配置をすることが事業を

進めていく上で最重要事項の一つをいえるでしょう。

 

【失敗の要因はそれぞれで、1つではありません】
どんなにしっかりと事業計画を立てていても、全てがうまくいくことはありえません。
自分が始めた事業を潰さない限りは失敗ではありません。なんとか策を練って軌道修正

できればそれがまた一つの自身となるでしょう。

 

トップページへ戻る

Please reload

「飲食店開業の方」​

”厨房のプロ”

に相談しませんか?

無料

FREE

    事例・実績300件以上!    

簡単お問合せフォーム

飲食開業・リニューアル

失敗しないための

​ノウハウ満載の